創価学会員の皆さんへ/第七章 日蓮正宗に疑問を感じている創価学会員に/日寛上人の御本尊を『ニセ本尊』と冒とくしている

サイトマップ
正しい宗教と信仰 HOME お問い合わせ
  信仰に反対する人へ
他の信仰をしている人へ
信仰を持たない人へ
迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ
正しい宗教とはなにか
日蓮正宗に疑問を感じている創価学会員に  
 
創価学会員の皆さんへ

邪宗教退治の百禍繚乱
日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせ
このサイトについて
リンク
サイトマップ
HOME → 創価学会員の皆さんへ → 第七章 → 日寛上人の御本尊を『ニセ本尊』と冒とくしている
宗門は日寛上人の御本尊を『ニセ本尊』といっているが、これは日寛上人を冒とくする謗法ではないか
宗門では、創価学会が勝手に作製したものを『ニセ本尊』と指摘しているのであって、日寛(にちかん)上人が御書写された御本尊をただちにニセ本尊といっているのではありません。

日蓮正宗の「本尊」は、本門戒壇(ほんもんかいだん)の大御本尊であり、宗義の根幹(こんかん)をなす法体(ほったい)ですから、御本尊にかかわるすべての権能(けんのう)は、血脈(けちみゃく)を継承(けいしょう)される御法主上人にましますことはいうまでもありません。したがって、御本尊の御書写は無論のこと、開眼(かいげん)も下附(かふ)も、すべて御法主上人の許可なくしてはなされないのです。

創価学会第二代戸田会長は、御本尊について、
「ただ、大御本尊だけは、われわれは作るわけにはゆかない。日蓮大聖人様のお悟(さと)り、唯授一人(ゆいじゅいちにん)、代々の法主猊下(ほっすげいか)以外にはどうしようもない。だから、仏立(ぶつりゅう)宗や身延(みのぶ)のヤツラが書いた本尊なんていうものはね、ぜんぜん力がない。ニセですから、力がぜんぜんない。むしろ、魔性(ましょう)が入っている。魔性の力が入っている。だからコワイ」(大白蓮華・昭和34年7月号9頁)
と指導しています。

しかるに現在の創価学会は、日寛上人の御本尊を勝手にコピーし、これを会員に販売(はんばい)しているのです。これは、姿や形は「日寛上人の御本尊」とそっくりであっても、血脈付法の御法主上人の御開眼も御許可もないものであり、まったく「日寛上人の御本尊」とはいえないしろものです。

そのうえ創価学会は、日寛上人の御本尊に認(したた)められていた「大行阿闍梨(だいぎょうあじゃり)本證坊日證(ほんしょうぼうにっしょう)」という「授与書(じゅよが)き」を勝手に抹消(まっしょう)し、変造しているのですから、学会が、日寛上人のお心に背(そむ)き、そのお徳を汚(けが)す大謗法を犯していることは明白です。
なお、これについては〈第一章03 創価学会の謗法〉を参照してください。
【ニセ本尊の改ざん箇所】
下の画像は、右側が「学会製ニセ本尊」、左側が、その元となった日寛上人様の御本尊です。今回の本尊偽造にあたって、創価学会が勝手に手を加え改竄した個所を、[A]〜[D]に示しました。
[A]一機一縁の授与書きを抹消
今回、学会が偽造本尊作成のために利用した日寛上人の御本尊は、浄圓寺16代住職・日證師に授与された「一機一縁の御本尊」であり、真正の御本尊には「下野国小薬邑本如山浄圓寺  大行阿闍梨本證坊日證  授与之」という添え書きが入っています。
しかるに学会は、この授与書きを勝手に抹消(御本尊の変造)して、多くの会員に配布したのです。

[B][C][D]筆跡にまで加筆
一機一縁の授与書きを抹消するのみならず、学会は中央首題「経」の字[C]・梵字[B]・大増長天王の「天」の字[D]の筆跡にも手を加え、線を伸ばしたり太くしたりと、恐れ多くも御本尊に好き勝手に筆を加えています。
筆跡が勝手に書き変えられたということは、形式的にも「御形木御本尊」とは呼べません。この時点ですでに、日寛上人の御筆による御本尊ではなく、「どこかの誰かが勝手に変造した本尊」です。

←第七章10   創価学会員の皆さんへ(総目次)   第七章目次   第七章12→
HOME信仰に反対する人へ他の信仰をしている人へ信仰を持たない人へ迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ正しい宗教とはなにか創価学会員の皆さんへ邪宗教退治【百禍繚乱】日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせこのサイトについてリンクサイトマップ
※当サイトに記載されている文章はご自由に転載していただいて結構です。ただし画像の転用はご遠慮くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。