創価学会員の皆さんへ/第五章 創価学会に疑問を感じている学会員に/創価学会員の批判拒否体質に疑問を感ずる

サイトマップ
正しい宗教と信仰 HOME お問い合わせ
  信仰に反対する人へ
他の信仰をしている人へ
信仰を持たない人へ
迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ
正しい宗教とはなにか
創価学会に疑問を感じている学会員に  
 
創価学会員の皆さんへ

邪宗教退治の百禍繚乱
日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせ
このサイトについて
リンク
サイトマップ
HOME → 創価学会員の皆さんへ → 第五章 → 創価学会員の批判拒否体質に疑問を感ずる
創価学会員の批判拒否体質に疑問を感ずる
池田を絶対者と仰ぐ創価学会では、幹部が池田を真似て横柄(おうへい)に振る舞い、幹部は一般会員よりも位が上であり、あらゆる面において優れているとの抜きがたい意識をもっています。
このような姿は、創価学会が池田大作による独裁集団であり、精神的閉鎖集団であることを物語っています。

したがって創価学会では、池田大作や幹部からの指示に対して、会員が疑問をもったり反発したりすることは絶対に許されません。仮に会員が批判めいた言葉を口にするならば、「あの人はおかしくなった」などの悪口が組織内に流され、陰湿なイジメを受けることになるのです。
これこそ、創価学会の池田独裁によってもたらされる批判拒否体質というべきであり、その批判拒否体質からくる批判者への攻撃は、内部のみならず外部に対しても向けられます。

あなたは、このような創価学会の体質を目(ま)の当たりにして、不審を抱(いだ)いたものと思いますが、創価学会は、池田大作の絶対性や無謬性(むびゅうせい)を内外に誇示し、強要するために、批判拒否体質にならざるを得ない教団なのです。

←第五章16   創価学会員の皆さんへ(総目次)   第五章目次
HOME信仰に反対する人へ他の信仰をしている人へ信仰を持たない人へ迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ正しい宗教とはなにか創価学会員の皆さんへ邪宗教退治【百禍繚乱】日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせこのサイトについてリンクサイトマップ
※当サイトに記載されている文章はご自由に転載していただいて結構です。ただし画像の転用はご遠慮くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。