創価学会員の皆さんへ/第五章 創価学会に疑問を感じている学会員に/創価学会が他宗教と協調していることに疑問を感ずる

サイトマップ
正しい宗教と信仰 HOME お問い合わせ
  信仰に反対する人へ
他の信仰をしている人へ
信仰を持たない人へ
迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ
正しい宗教とはなにか
創価学会に疑問を感じている学会員に  
 
創価学会員の皆さんへ

邪宗教退治の百禍繚乱
日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせ
このサイトについて
リンク
サイトマップ
HOME → 創価学会員の皆さんへ → 第五章 → 創価学会が他宗教と協調していることに疑問を感ずる
創価学会が他宗教と協調していることに疑問を感ずる
創価学会は、平成5年12月16日、東京都内のホテルで、かつて「邪宗教」と罵(ののし)っていた立正佼成会(りっしょうこうせいかい)の幹部と、共存共栄をはかるための話し合いをしました。これは朝日新聞や読売新聞にも報道されています。

さらに創価学会は、天台宗真言宗浄土真宗天理教などの諸教団を訪問し、「今まで『邪宗教』呼ばわりし、すまなかった」とお詫(わ)び行脚(あんぎゃ)を行いました。
また創価学会は、多くの邪宗教団とともに「平和フォーラム」なるものを開いて他宗との協調路線を進めています。

かつて池田大作自身も、
「真言亡国(しんごんぼうこく)・禅天魔(ぜんてんま)、法を下げるだけでしょう」(第35回本部幹部会・池田大作スピーチ)
と、日蓮大聖人の四箇(しか)の格言を侮蔑(ぶべつ)する発言をしています。

日蓮大聖人は生涯、四箇の格言を旨(むね)として諸宗を破折(はしゃく)し、妙法を弘通(ぐずう)されました。
四箇の格言を否定する池田の発言や、邪宗に迎合(げいごう)する創価学会の行動は、自らの保身と勢力拡大をはかるためのものであり、日蓮大聖人の御化導(ごけどう)に反逆する大謗法であることは明かです。

←第五章14   創価学会員の皆さんへ(総目次)   第五章目次   第五章16→
HOME信仰に反対する人へ他の信仰をしている人へ信仰を持たない人へ迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ正しい宗教とはなにか創価学会員の皆さんへ邪宗教退治【百禍繚乱】日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせこのサイトについてリンクサイトマップ
※当サイトに記載されている文章はご自由に転載していただいて結構です。ただし画像の転用はご遠慮くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。