創価学会員の皆さんへ/第五章 創価学会に疑問を感じている学会員に/創価学会の政治関与に疑問を感ずる

サイトマップ
正しい宗教と信仰 HOME お問い合わせ
  信仰に反対する人へ
他の信仰をしている人へ
信仰を持たない人へ
迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ
正しい宗教とはなにか
創価学会に疑問を感じている学会員に  
 
創価学会員の皆さんへ

邪宗教退治の百禍繚乱
日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせ
このサイトについて
リンク
サイトマップ
HOME → 創価学会員の皆さんへ → 第五章 → 創価学会の政治関与に疑問を感ずる
創価学会の政治関与に疑問を感ずる
創価学会は、表向きには「宗教団体の創価学会と政党の公明党とは一線を画(かく)しており、政教分離(せいきょうぶんり)をしている」といっています。しかし現実には、創価学会が公明党を、池田大作の野望を遂(と)げるための「創価学会政治部」として利用していることは紛(まぎ)れもない事実です。また、創価学会の支援がなければ当選できない公明党議員にとって、創価学会や池田大作の意向や利益を度外視した政治活動をすることは事実上、不可能といえるのです。

政治という公(おおやけ)の世界で、一宗教団体である創価学会が公明党を動かしているのですから、この事実は一国の命運にかかわる大問題です。
しかも創価学会と公明党のように、宗教と政治が癒着(ゆちゃく)すれば、宗教は純粋性を失い、政治も道を誤ることは、歴史が如実に物語っています。

私たちは、創価学会と公明党との関係やその動きをしっかり監視し、誤りに対しては勇気をもって糾弾(きゅうだん)しなければなりません。

←第五章13   創価学会員の皆さんへ(総目次)   第五章目次   第五章15→
HOME信仰に反対する人へ他の信仰をしている人へ信仰を持たない人へ迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ正しい宗教とはなにか創価学会員の皆さんへ邪宗教退治【百禍繚乱】日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせこのサイトについてリンクサイトマップ
※当サイトに記載されている文章はご自由に転載していただいて結構です。ただし画像の転用はご遠慮くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。