創価学会員の皆さんへ/第五章 創価学会に疑問を感じている学会員に/創価学会の選挙・財務・新聞啓蒙のあり方に疑問を感ずる

サイトマップ
正しい宗教と信仰 HOME お問い合わせ
  信仰に反対する人へ
他の信仰をしている人へ
信仰を持たない人へ
迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ
正しい宗教とはなにか
創価学会に疑問を感じている学会員に  
 
創価学会員の皆さんへ

邪宗教退治の百禍繚乱
日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせ
このサイトについて
リンク
サイトマップ
HOME → 創価学会員の皆さんへ → 第五章 → 創価学会の選挙・財務・新聞啓蒙のあり方に疑問を感ずる
創価学会の選挙・財務・新聞啓蒙のあり方に疑問を感ずる
■選挙活動
宗教団体が特定の政党を支援する例はよくあることですが、宗教団体が政党を作って丸抱(まるがか)えし、宗教団体の意向をそのまま政治の世界に反映させている団体は創価学会以外にはありません。
しかも創価学会では、選挙運動が信心活動であるとして、会員をF活動(票取り)にかり立てています。しかし、選挙運動が日蓮大聖人の仏法における信心活動であると考えるのは大きな間違いです。
本来、人間の生命を浄化(じょうか)し、幸福を説くべき宗教団体が、信者を強制的に世俗の権力を得るための選挙活動にかり立てることは、決して正常な姿とはいえません。
創価学会は、「広宣流布には政治権力の確保が不可欠である」といって選挙を重視していますが、大聖人が御教示される広宣流布は、政治権力をもって民衆を牛耳(ぎゅうじ)ることではなく、国民一人ひとりが正しい仏法を受持することによって政治も正され、国家社会も繁栄するということなのです。
今や、公明党の支持母体である創価学会が邪教と化したのですから、学会員がいかに公明党のF取りに奔走(ほんそう)しても、それは社会の平和や幸せにつながるものではありません。

■広布基金・財務
創価学会では、会員に対して「広宣流布には金がかかる」「創価学会に広布基金や財務をすれば福運(ふくうん)がつく」などといって、なかば強制的に多額の寄付を集めています。しかも、生活保護を受ける母子家庭や老人、病人にまで納金するよう、たくみに働きかけています。
創価学会のこのような金権体質は、悩める人を救い、人生に希望を与えていくという宗教本来の姿からは大きく逸脱(いつだつ)したものです。
この創価学会の無慈悲(むじひ)な行為は、日蓮大聖人の仏法に背(そむ)いたことによる結果であり、新興宗教のなかでも、もっとも悪質な教団となっていることの証拠です。
こうした創価学会の異常な金集めは、仏法で説く三宝(さんぼう)への供養とはまったく異なるものであり、「福運がつく」というようなものではありません。

■新聞啓蒙
創価学会員の中には、新聞啓蒙(けいもう)のノルマで悩んでいる人がたくさんいます。
割り当てられた部数を啓蒙できない幹部は、仕方なく聖教新聞を5部も10部も取っている例はめずらしくありません。これも、書籍によって収益を上げようとする創価学会の金権体質の表れであり、会員は集金マシーンにさせられているのです。
しかもその新聞の内容たるや、仏法破壊を目的とした誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)の記事がほとんどであり、このような新聞を他人に啓蒙することはもちろんのこと、購読することも大謗法を犯すことになるのです。

←第五章09   創価学会員の皆さんへ(総目次)   第五章目次   第五章11→
HOME信仰に反対する人へ他の信仰をしている人へ信仰を持たない人へ迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ正しい宗教とはなにか創価学会員の皆さんへ邪宗教退治【百禍繚乱】日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせこのサイトについてリンクサイトマップ
※当サイトに記載されている文章はご自由に転載していただいて結構です。ただし画像の転用はご遠慮くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。