創価学会員の皆さんへ/第四章 創価学会に所属しているが活動していない学会員に/親は創価学会員だが、自分は信心する気はない

サイトマップ
正しい宗教と信仰 HOME お問い合わせ
  信仰に反対する人へ
他の信仰をしている人へ
信仰を持たない人へ
迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ
正しい宗教とはなにか
創価学会に所属しているが、活動していない学会員に  
 
創価学会員の皆さんへ

邪宗教退治の百禍繚乱
日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせ
このサイトについて
リンク
サイトマップ
HOME → 創価学会員の皆さんへ → 第四章 → 親は創価学会員だが、自分は信心する気はない
親は創価学会員だが、自分は信心する気はない
信仰心がないことは、決してほめられることではありませんが、あなたが邪宗教となった創価学会に深入りしなかったことは幸運だったといえます。

しかし、正しい信仰を持たなければ、決して幸せな人生は築けません。

日蓮大聖人は『聖愚問答抄(しょうぐもんどうしょう)』に、
「恩を捨てゝ無為(むい)に入(い)るは真実に恩を報(ほう)ずる者」(御書401頁)
と『清信士度人経(しょうしんじどにんぎょう)』の文を引用されています。この経文のとおり、恩恵を受けた親の意志に反してでも、正しい仏法の道に入ることが、真実の報恩(ほうおん)になるのです。

創価学会に誑惑(おうわく)されている親を救うためにも、まずあなたが学会を脱会して、日蓮正宗の正しい仏法に帰依(きえ)することが大切です。そのうえで親を折伏(しゃくぶく)して、家族そろって大御本尊の功徳(くどく)に浴し、本当の幸せを築いてください。

←第四章03   創価学会員の皆さんへ(総目次)   第四章目次   第四章05→
HOME信仰に反対する人へ他の信仰をしている人へ信仰を持たない人へ迷信・俗信・占いなどを信じている人へ
正しい信仰を求めている人へ正しい宗教とはなにか創価学会員の皆さんへ邪宗教退治【百禍繚乱】日蓮正宗の信仰
ご意見・お問い合わせこのサイトについてリンクサイトマップ
※当サイトに記載されている文章はご自由に転載していただいて結構です。ただし画像の転用はご遠慮くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。